天空の盆略点前

 10日より我が家に滞在しているレベッカさんを連れて萩と元乃隅稲成神社へ行ってきました。元乃隅稲成神社は昨年の来日のときに行こうと思っていたのですが、休日で渋滞が予想されるため断念していました。今回は連休明けの金曜日ということで思い切って行ってみましたが、駐車場も何とか止められて無事見学することができました。

 

 例の高いところにある賽銭箱にも挑戦したレベッカさんでしたが、残念ながら入れることはできませんでした。それなら代わりに私がと思いやってみたところ、なんと一度で入ってしまいました。周りにいた観光客からも拍手が沸いて、一瞬でしたがヒーローの気分を味わいました。

 

 そのあと近くの山頂にある千畳敷という公園に行き、野点兼盆略点前をすることにしました。風が強かったので、四阿(あずまや)のベンチに腰かけて行いました。最低限の道具を使ってレベッカさんにお茶をたててもらいました。

 

 目の前は海と空の境もわからなくなったまるで天空のような景色で、これぞ究極のお茶ではないかと思いしっかりと味わいました。久しぶりのお茶でしたが、とても美味しかったです。茶室でのお点前もいいですが、青空の下でのお点前もなかなかいいものです。茶菓子は、萩のお土産で有名な夏みかんの中を刳り貫いて羊羹のようなもので仕立てた菓子を使いました。

 

 帰りは近くにある棚田で有名な地区を通ってみましたが、まだ水が入っていない田もあり、時期的にはもう少し後の方がいい写真も撮れるのではないかと思いました。

          

            初夏の天空にゐて盆点前     虚知

Translation

菊舎の里簡易マップ