稲刈り

 10月1日(日曜日)、我が家の今年初めての稲刈りが始まりました。

コシヒカリ・ひとめぼれ等の品種はすでに収穫は終わっていますが、我が家の品種は

きぬむすめなので少し遅めの収穫時となります。

 

 長男ファミリーと長女ファミリーも駆けつけ、収穫を手伝ってくれました。今年初め

てのコンバイン使用なので、上手く動いてくれるかどうか最初は緊張しましたが、何と

か運転の勘を取戻すことができました。コンバインや田植機は一年間でわずか三日間し

か使用しません。

 

 夕方5時頃には籾搬送の運搬車が取りに来るので、それまでに全部刈り取ってフレコ

ンという大きな入れ物に収めておかなければなりません。午前中は朝露が残っているの

で刈り取りは10時前後からになります。そのため長男と交代で昼食をとりながら、ほとんど休憩なしで刈り取っていきます。午後も3時過ぎになって、刈り取り終了の目鼻が

立ってくると気持ちにも余裕ができて、孫をコンバインに乗せてやろうという余裕もで

てきます。乗りたがる孫と、コンバインから出る藁ぼこりを嫌って乗車拒否をする孫と

まちまちです。

 

 稲刈りの後は芋掘りです。忙しくて芋を掘っている間も気もなかったので、ここぞと

ばかりに孫たちに芋掘りをしてもらいました。都会育ちの孫たちにとって、芋掘りや稲

刈りは貴重な体験です。いつもは家内と二人だけの静かな生活ですが、久しぶりに子供

たちの歓声が響き渡り賑やかな一日でした。

Translation

菊舎の里簡易マップ