桜散る

 関門医療センターの帰り道、近くの長府庭園によって見ました。

桜満開のこの時期、しばらく天候不良だったので、この青空と暖かな日ざしは貴重な

瞬間です。急いで庭園内に入り桜の木を目指しました。

 

 桜は散り始めていましたが、まだまだ充分撮影可能状態です。久しぶりに日ざしの

中に揺れる花びらに感動。夢中でシャッターを押し捲りました。俳句の中で詠む光も

いいが、ファインダーの中で輝く光もいいものです。

 

 昔、カメラ小僧だった頃の写真はフィルムだったので、現在のデジカメのように気

軽にはシャッターを押せませんでした。構図を考え、光を求め、シャッター速度と絞

りの数値を決め、初めてシャッターボタンを押すことができました。

 

 しばしシャッターを押す手を休め、風に散る花びらの中を行く。私の目の前を過ぎ

る花びらの一枚一枚の中に、今度は俳句の素材が漂っているように思われてきます。

俳句の詩心がカメラのシャッターを押させ、写真の絵心が五・七・五のリズムを奏で

るようになってくれたなら、この先の私の人生も素晴らしいものになるのでしょうが。

   やわらかき地球の肌へ散る桜   虚知

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    金澤萬里 (月曜日, 17 4月 2017 17:13)

    5か月連チャンで今回又1席すごいですねー快挙ですねー。キャンバスへ鳥還るなんて私には思いもつきません。素晴らしい句です。脳みその一部でいいから分けてください。

  • #2

    taorigiku (月曜日, 17 4月 2017 21:01)

    ありがとうございます。三月に初めて香月美術館に行って香月の絵を見ました。
    よくわからなかったので、香月に関する本を読み漁ってシベリアシリーズのこと
    などを知りました。香月の絵の色は黒が特徴なんですが、俳句的に黒はどうかな
    と思い、蒼という字を使いました。香月の描いたシベリアの絵の中に鳥が帰って
    いくイメージです。

Translation

菊舎の里簡易マップ