「行かねばなるまい」読み終えました。

「行かねばなるまい」(杉山久子)を読み終えました。

杉山さんは山口県出身で、将来を嘱望されている女性俳人です。

第3回藍生新人賞、第2回芝不器男俳句新人賞を受賞。

「藍生」「いつき組」所属。

句集に「春の柩」「猫の句も借りたい」「鳥と歩く」などがあります。

「行かねばなるまい」は、四国八十八ヶ所を一人で旅したときのエピソードを、

面白おかしく描いたエッセイ風の読み物です。女一人の遍路旅がどんなに大変

であるかが、この本を読んでいるとよくわかります。

 

    人入れて春の柩となりにけり

    うぐひすに裁かれたくもある日かな

    あをぞらのどこにもふれず鳥帰る

    手花火の果て水底にゐるごとし

    どうしろといふの目高を二匹くれて

    ゆふぐれの背をはなびらに打たれをり

    鳥渡る奈落の柱つめたかり

    あをぞらを痛しとあゆむ冬の蜂

    オリオンの方へかたむく初荷かな

    七人といはず敵ゐて鯨喰ふ

 

               以上、杉山久子 句集「春の柩」より抜粋。

Translation

菊舎の里簡易マップ