バス釣り兼吟行

 俳句の感性を養うため秋の気配を感じようと、バス釣りを兼ねて近くのため池に

 行ってきました。紅葉はまだまだですが、池畔に近づいた途端に鴨らしき群れが

 バタバタと飛び立ち、一瞬、何事?と思うほど多くの鴨らしき鳥が逃げ去りまし

 た。ブラックバスが驚いて底深く潜ったらどないするんやと思いつつ竿を振りま

 した。

 

 糸を投げながら俳句を考える。投げた糸を巻きながら俳句を考える。普通の釣り

 方と違って、バス釣りは投げたらすぐにまた巻き戻さなくてはなりません。結局

 落ち着いて俳句を考える余裕は、バス釣りにはありませんでした。バスは20cm

 くらいのものが一匹釣れただけです。俳句は出来ませんでしたが、秋の風を感じ

 ただけでもよかったのではないかと思います。

Translation

菊舎の里簡易マップ