蝉しぐれ

 日曜の夜はいつもNHKの大河ドラマ「真田丸」を見ています。

 役者によっては聞き取りにくいことがあるので、画面には台詞が字幕で

 見られるようにしています。

 

 今夜もドラマを見ていたら、字幕に「蝉しぐれ」と出ていました。そうか

 今は蝉が啼いている場面か、と何気なく画面を追っていたのですが、何か

 変だなとよくよく考えてみたら、蝉の啼き声が聞こえていないのです。

 

 家内に訊いてみると「いま蝉がやかましく啼いているやん」と言うではな

 いですか。しかし私の耳には蝉の声が聞こえて来ないのです。私の耳に響

 いてくるのは、いつものキィーンという高い音のみです。

 

 もう数年前から両耳は老化現象でキィーンという高音が鳴っていて、寝る

 前などは特に煩わしく感じていたのですが、まさかテレビの蝉しぐれの音

 が聞こえなくなってしまったとは。

 

 そういえば、以前にもテレビの風鈴の音が聞こえていないことがありまし

 た。どうもある一定の高音域の音が聞こえなくなっているようです。老化

 現象という滲みが少しずつ広がってきています。

 

 先日の句会で「蝉の昼母の小言も交じりをり」という句を作りました。

 蝉しぐれのやかましい昼のひととき、母の小言も蝉の声に交じって一緒に

 聞こえてくる、という意味合いですが、もうすぐ裏山で啼きだすであろう

 本当の蝉しぐれが、もしテレビの声と同じように聞こえてこなかったら、

 母の小言しか耳に入って来ないということになります。大変なことです。

 

         夏帽のゆったりと行く防波堤    虚知

         Natsubou no yuttari to iku bouhatei

Translation

菊舎の里簡易マップ