中山忠光卿百五十年式年祭

  12月6日(土)田耕中山神社に於いて中山忠光卿百五十年式年祭が催されました。

 来賓として「中山忠光暗殺始末」の著者・西嶋量三郎氏も参加されました。

 式後には、杣地集会所に於いて山田美和子氏(安倍総理の下関事務所スタッフ・

 田耕出身)の講演(中山忠光卿について)もありました。

 

  神 事

     修 祓

     一 拝

     献 餞

     祝詞奏上

     玉串拝礼

     献 吟

         豊北朗吟会他水支部・大庭支部

     浦安の舞

     一 拝

     宮司挨拶

     来賓挨拶

     総代代表挨拶   

 今から遡ること百五十年、この田耕の山道で、一人の青年公家が非業の最期を

遂げました。わずか十九歳。いかにも早すぎる、むごい死でした。

維新の先駆者となった吉田松陰二十九歳、高杉晋作の二十六歳にも及ばぬあまりにも

短い一生。また逝去の後ひと月あまりで、高杉晋作が奇兵隊を挙兵するという運命の

いたずら。地元をはじめ、多くの人々が忠光卿を忘れることなく崇める心のうちには、

おそらくこれらに対する哀惜の念があるといえるでしょう。


 田耕中山神社は、昭和三十八年に建築されました。

その後、愛新覚羅溥傑・浩御夫妻をはじめ御縁ある方々、また、三笠宮殿下・妃殿下

にも御参拝をいただく光栄に浴し、今なお地区内外より多くの来訪者があります。

地域の皆さんの御奉仕により折々に整備を重ね、小さいながら清々しく厳かに整えられ

てきました。


 この神社が、末永く忠光卿の革新の情熱を伝える役目を担うよう願い、

終わりになりましたが、これまで支えていただいた皆様に厚く御礼申し上げます。


 田耕神社宮司 坂田康子            (式年祭パンフより)

                         (式年祭パンフより)

Translation

菊舎の里簡易マップ