菊舎の掛軸・短冊

「路めぐし千草の花の其中に」

michi megu shi  chigusa no hana no sono naka ni

「起直る音きいきいと春の風」

oki-naoru oto kiikii to haru no kaze」

「たもつ露に花はさらなり竹の春」

tamotu tuyu ni hana ha saranari take no haru

「跡があとへ茂れ栁の老ひ細み」

ato ga ato e shigere yanagi no oi hosomi

「見帰れば白雲ふかし菊の山路」

mikaere ba hakuun fukashi kiku no yamaji

「山本左膳宛て書状」

「散らすちから持つて撓むか雪の竹」

chirasu chikara motsute tawamu ka yuki no take

             「亀井南冥 題詩 田上菊舎 画」

 江家女子気縦横  

    江家の女史 気は縦横  

 

 画出梅花帯雪清 

    画出の梅花 雪を帯びて清し

 

 更識蛾眉無地著 

    更に識る 蛾眉 地著なし

 

 長門故署漢宮名 

    長門 故より漢宮に名を署す

 

                             癸亥臘南冥陳人


「雪に明てもろもろ清し四方の春」

yuki ni akete moromoro kiyoshi yomo no haru

「琴弾はいつも元日心かな」

kindan wa itsumo ganjitsgokokoro kana

「思ふ所升るところや初日影」

omou tokoro noboru tokoro ya hatsu hikage

「中にへだつ川一すじや雪の朝」

naka ni hedatsu kawa hitosuji ya yuki no asa

「冬枯は見せぬ手がらや錦帯橋」

fuyugare wa misenu tegara ya kintaikyo

「こゝろ遊べ天涯比隣冬籠」

kokoro asobe tenngai hirinn fuyugomori

「稀な花や冬に吉野の餅くばり」

mare na hana ya fuyu ni yoshino no mochi kubari

「紅葉散るやくれない潜る水車」

momiji chiru ya kurenai kuguru mizuguruma

「これもまだ聞ずたつたの水車からくれなゐをくゝるからうす」

kore mo mada kika zu tatsuta no mizuguruma karakurenai wo kukuru karausu

「蘭の香や岩に添ても堅からず」

ran no ka ya iwa ni soutemo katakarazu

「鴉たてば夜は明けたりけふの月」

karasu tate ba yoru wa aketari kyou no tsuki

「あまり咲いて薫り忘れな蘭の花」

                              amari saite kaori wasure na ran no hana

「白菊や染たがる世の中をぬけ」

shiragiku ya sometagaru yo no naka wo nuke

「しらべすみぬ祇園林にのちの月」

shirabe sumi nu gionbayashi ni nochi no tsuki

  八月十五日神事の庭に詣で侍りて

 「名にしおふや 神の能見て 松の月」

 nanishiou ya kami no nou mite matsu no tsuki

都の川辺にうかれ遊ぶとて

「床机から瀬ぶみして見る涼かな」

shougi kara sebumi shite miru suzumi kana

「夏山に雲見て済すよし野かな」

natsuyama ni kumo mite watasu yoshino kana

「よしあしに渡り行く世やなみの上」

yoshiashi ni watari-yuku yo ya nami no ue

           「折かけて置くも無念のあざみかな」

orikake te oku mo munen no azami kana

           「先へ来て手もかけられぬさくら哉」

saki e kite te mo kakerare nu sakura kana

「ながれ寄る物ははづして柳かな」

nagareyoru mono wa hazushi te yanagi kana

「酌み初る春や霞の海静か」

kumisomeru haru ya kasumi no umi shizuka

「寄るも縁かおなじながれの華の浪」

yoru mo enishi ka onaji nagare no nami no hana

「むかうかたに金神はなし花の雲」

mukaukata ni konjin ha nashi hana no kumo

「ながめ高しちらず曇らず月花に」

nagame takashi tira zu kumora zu tsuki hana ni

「報恩講 むつの花」

ho on ko  Mutsu no hana

 

Translation

菊舎の里簡易マップ